社民沖縄県連「連立解消を」(時事通信)

 社民党沖縄県連は29日午前、宜野湾市内で臨時の執行委員会を開き、米軍普天間飛行場移設に関する政府対処方針への署名を拒否した福島瑞穂党首が閣僚を罷免されたことを受け、連立政権からの離脱を求めていく方針を決めた。閣外協力もすべきでないとしている。30日の全国幹事長会議で党本部に提示する。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

<ローラー付き子供靴>「ご注意」 転倒・巻き添え事故相次ぐ(毎日新聞)
首相動静(5月30日)(時事通信)
普天間、環境への配慮要請=対北連携を確認―日米防衛首脳(時事通信)
岡田外相 イラン外相と会談 IAEA決議に従うよう要請(毎日新聞)
辻元副大臣の辞任、閣議で了承(時事通信)
[PR]
by fowdqycfh4 | 2010-06-04 01:14