核廃絶へ協力=アフガン支援も連携−鳩山首相と独外相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は14日夕、ドイツのウェスターウェレ副首相兼外相と首相官邸で会談し、核兵器を持たない日独両国が核廃絶に向けて協力していくことで一致した。また、両氏は、民生分野を中心とするアフガニスタン支援や、京都議定書に代わる地球温暖化防止の新たな枠組み構築などで緊密な連携を取ることで合意した。
 首相は4月に米国で開催される世界核安全保障サミットなどに触れ、「今年を『核兵器のない世界』を目指す上で画期的な年にしたい。価値観を共有する日独の協力は重要だ」と強調。ウェスターウェレ氏も「ぜひ軍縮・不拡散の面で日本と協力したい」と応じた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】オバマ語録
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

警察官の顔に2回平手打ちした新成人逮捕…高松市(スポーツ報知)
派遣村 所在不明200人 就活費2万円支給後、続出(産経新聞)
裁判員裁判2年目「公判ラッシュ」 東北(河北新報)
岡田外相がハワイ到着 米太平洋軍司令部を視察(産経新聞)
居酒屋に猟銃夫 妻の母ら2人射殺し自殺(スポーツ報知)
[PR]
by fowdqycfh4 | 2010-01-15 16:57